free spirit blog

旅と写真のことつらつらと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
食に悩む
モーリタニアではぶっかけ系のクスクスや米、それにセネガル料理のチェブジェンを食べたり。結構きにいっていた。

けど、ヌアクショットではひたすら肉とパンだった。




モーリタニア料理というのではなく、アラブ料理。チュニジアやイラクやらアラブ系の人がヌアクショットにレストランを出している。そこが安いし、宿から近いから。

最初の一回はおいしいのだけど・・・肉&パンはちょっときつかった。パンがフランスパンってのもきつかった要因なのかも(薄いピタパンだったら大丈夫だったんだけどな・・・)。一日でもうあっさりお米料理が食べたくなって食べたくなって。帰りの機内食で塩鮭と味噌汁がでてきたときはちょっと涙がでそうになった(笑)


そんな脂な時に重宝したのが、ROSEっていうミルク。500mlのパックを毎食後、がばがば飲んでた。なんだかお腹ががすっきりする気がして。

日本でも一週間に3本は牛乳パックを飲むのだけど、牛乳の力がこんなに自分にとって偉大だとは。新発見。
| Yoko | モーリタニア | 21:51 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:51 | - | - |
牛乳、わたしもかなり飲みまくる派だよー。
食べ物写真に異様に惹かれてしまうわたしなんだけど…、
やっぱり、フランスパンうまいの?
写真見ると、相当量が多いよねーこれで昼・夜兼用できそうだー。
| りえ | 2006/04/09 11:54 AM |

こんばんは。
そうですか、Yokoさんはパン&肉だときついですか。
パン喰いの私は、モーリタニアはパンが美味しかったから、おかずに馴染みのないものがでても、のびのびのパスタでも、平気だった1な〜。
逆に2月に行った台湾で、パンが食べたくて食べたくて。
もちろん台湾にもパン屋はたくさんあるんだけど、そこはやはり
「現地の食べもの」が食べたいし、何も外食天国の台湾で、ホテルの部屋で、しかも一人でパンなんか食べなくても、って思うんですよね(頭では)。
お粥が白粥だったのもきつかった原因かな。香港や中国大陸では、パン食べたいなんて思ったことないからね。
朝から白い御飯と焼き魚って、私にはキビシかった...。

でも、これ(Yokoさんなら牛乳?)があれば何とかなる!というのが判ってれば、また食文化的に微妙なところに行ったとき、心強いですよね。
トシ取ると余計(笑)、日頃食べなれたものが食べたくなるし〜。
| ぴお | 2006/04/09 9:58 PM |

>りえちゃん
あ、そうなんや!牛乳うまいよな。
フランスパン、おいしいんやけど、うちはパンの中ではフランスパンがちょっと苦手で。トルコのエキメッキとかは大歓迎なんやけどね。トルコやと毎日パンでも全然大丈夫やったけど、フランスパン+肉肉・・・やときつかった!
ボリュームもすごかったでー。ほんと昼夜兼用できちゃうくらいやった。

>ぴおさん
パン&肉でも平気なんですけど,フランスパンが苦手なもので。もともとは私もパン食いなんですけどね。モーリもヌアク以外のパンは大丈夫でしたよ。けどヌアクの肉でガツンときたかんじです。
私も朝はパン派です。白飯は食べないです。
牛乳はなかなか頼もしいです。私にとっては。
| Yoko | 2006/04/10 12:08 PM |










トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
BlogPeople
 
 

このページの先頭へ