free spirit blog

旅と写真のことつらつらと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ヌアクショットでのおとも

ヌアクショットでちょっぴり寂しいなぁなんて思ったのは一瞬で。すぐにおともを見つけた。安宿の下っ端従業員君の彼。

アラビア語、ひたすら教えてくれて。数字はここで完璧に覚えることになったり(といっても多分もう忘れている・・・)。


ヌアクショットでは海に行く以外はバザールをお散歩するくらいで、結構宿に入り浸っており。私以外、宿泊客がいなかったオーベルジュアミティエはなんだかマイホームのようにくつろげた。
| Yoko | モーリタニア | 20:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:52 | - | - |
うん、「友達」という名前の宿。
居心地よかったよね、ココ。

裏の中庭のテントがすっごくくつろげて・・・。
おしゃべりしたり、洗濯したりしてるだけですごく幸せになれた。

宿泊客一人だったのね。私のときは結構いたかな。
私の泊まった部屋は、ドアノブの上に鍵穴隠しでリビアのカダフィの写真が貼ってあった部屋なの。 

「カダフィ、クレイジーマン。ハハハ。」と彼がいたずらっぽく笑ったの、思い出したよ。

| のこのこ | 2006/03/30 9:25 PM |

ねー、居心地よかった!
そうそう、友達って名前がぴったりよな。

なんでだろうねー、なんか一人だったんです。
けれど最後のほうには出稼ぎのチュニジア人が一人いたかな。ほんとそれだけ。
だれかいるかなと思ったのだけど。

カダフィの写真がはってある部屋かー。
でもそれも味があっていいな(笑)
| Yoko | 2006/04/01 11:31 AM |










トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
BlogPeople
 
 

このページの先頭へ