free spirit blog

旅と写真のことつらつらと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
何故か写真好きなイエメン人◆カートのお話
写真好きなイエメンの人々、まだ続きます。







右のおじさんがもっているのがカート(覚醒作用のある葉っぱ)です。日本にはもちろん持ち込み禁止。厳しくイスラム教が守られているイエメンではお酒の代わりのような感じでカート噛むみたい。葉っぱだけのより、茎がついているもののほうがよい物なんだそうで。

どこに行っても男の人はカート噛んでいて、「ほら、噛め、噛め!」みたくありがたいことに沢山いただくのですが・・・私はこれを噛んでいる時なんだか草食動物になったような気分だった。草の味しかしないし、覚醒作用とかいっても別になにも変わらなかったし。ただの草だったようにしか思えない。しかも片方のほっぺに噛んだものをずっと溜め込んでいくのだけど、イエメンの人みたくうまくためこめず飲み込んじゃったりしてく・・・苦しい!って感じ。

なかなかうまく楽しめなかったカートだけど、カートを交えていろいろおしゃべりしたりと出会いを作ってくれるイエメンでの大事なコミュニケーションツールだと思ったり。
| Yoko | イエメン | 20:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
何故か写真好きなイエメン人
イエメン(特に首都のサナア)の人々はとても写真好きだ。普通に街歩きをしていると「スーラ(アラビア語で’写真’)?」と声をかけてくる。カメラを向けるとピシっと背筋を伸ばして直立不動、そして写真を撮る。写真を撮った後は満足げににっこり笑い、その場を去っていく・・・。他の多くの国ではこんなことありえない。「photo・・・?」などといって近づいてきて写真を撮ったものなら「give me MONEY!!!」にへんげしてしまう。

サナアの人々は不思議なほど写真が好きだった。別に送ってくれということもなく、写真を撮ってもらう行為に感謝の念を示してくる。・・・不思議だ。一度子供が「写真撮って!」とよってきたので写真を撮った時、フラッシュがたかれると、「キャーー!ありがとう、ありがとう!!」と飛んで喜んで去っていった。ほんとおもしろい国だと思う。

サッカーして遊んでいた子供達


宝石売りのおっちゃん達。


雑貨屋のにいちゃんたち


ニールホテルでよく一緒にカート(覚醒作用のある草)を噛んだエチオピア人の家族

イエメン人写真はさらに続く・・・
| Yoko | イエメン | 20:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
BlogPeople
 
 

このページの先頭へ